男性機能を減退させる前立腺の進行がんと食事の関係性

前立腺と言われる臓器は、膀胱の直下にあたりの道がこの世に存在します。前立腺は恥骨と直腸に挟まれており、小生入り口から約5センチほどの所の前面を触ると直径約3センチほどのしこりを触れることが出来ます。
男性特有の前立腺がんは、進行がんが殆どで、脂肪率も高く肺がんの次に多い顔となっています。
前立腺がんの進行は、ゆっくりとしたものですが、発見されにくいためかなり進行した状態で、
発見される場合が多いのが現状です。
長谷年齢としては、約50代から60代の年代の方が多く、初期症状とすると残尿感や頻尿を感じ、
病院で診察を受けた際に、年齢的なものもあると判断されてしまうこともあります。
また、自分で判断してしまうことも多いため、かなり進行してからの派遣が多くなります。
前立腺の進行がんを誘発し易い食事内容と言えば、タンパク質や高コレステロールなどの脂肪分の多い食事が、
前立腺がんを誘発する可能性はかなり高くさせることが分かっています。
まだ、治療するにあたっては、前立腺、精巣を摘出することが場合によってはあります。
男性機能で言えば感度が極端に落ちてしまったり、勃起障害が起きることもあります。
精巣の摘出に関しては、一般的には男性ホルモン抑制剤を注射する事によって、
精巣の摘出をしなくても済む場合が多いのですが、男性ホルモン分泌抑制によって、男性機能はかなり減退します。
前立腺がんの進行具合や治療法によって、永続的に男性機能が減退するか、一時的に減退するかに分かれます。
男性機能を損なわないためにも、進行がんである前立腺がんにならないように注意が必要です。
そのためには、普段からの食事をなるべく脂肪分の多い洋食ではなく、
和食をメインに食べる生活にシフトすることが大切です。

Copyright © 加齢と体力の関係,All rights reserved.